カラーミーショップ アプリストア

カラーミーショップアプリストア特約

GMOペパボ株式会社(以下「当社」といいます。)は、当社が提供するカラーミーショップの付加サービスである「カラーミーショップ アプリストア」に関して、以下のとおりカラーミーショップ アプリストア特約(以下、「本規約」といいます。)を定めます。本規約は、カラーミーショップの利用契約者(オーナー)及びアプリケーションソフトウェアの開発・提供者(公認デベロッパー)の双方に適用されます。また、同契約者及び同開発・提供者による「カラーミーショップ アプリストア」の利用は、本規約への同意を前提とし、その利用により、オーナー及び公認デベロッパーは、本規約に同意したものとみなされます。

第1章 総 則

第1条(定義)

本規約に別段の定めがある場合を除いて、本規約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。

  • (1)「カラーミーショップ」とは、当社が運営・提供するネットショップ開業・作成サービス「カラーミーショップ」(URL: https://shop-pro.jp/ )のことをいいます。
  • (2)「本サービス」とは、オーナーがカラーミーショップの機能追加などを行うことができるウェブアプリケーションを提供するサービスである「カラーミーショップ アプリストア」のことをいいます。
  • (3)「オーナー」とは、カラーミーショップの利用契約を締結している法人及び個人のことをいいます。
  • (4)「公認デベロッパー」とは、本サービスにおいて提供するアプリケーションソフトウェアを開発し、提供する法人及び個人をいいます。
  • (5)「ユーザー」とは、オーナー及び公認デベロッパーを総称するものをいいます。

第2条(本規約の適用および変更)

  1. ユーザーは、本規約に従って本サービスを利用するものとします。ユーザーが本サービスの利用を開始することによって、本規約の内容を全て承諾したものとみなします。
  2. 当社は、いつでも任意の理由により、ユーザーに事前に通知することなく、本規約の変更、追加、または削除(以下、「変更等」といいます。)を行うことができるものとします。
  3. 変更等が行われた場合の本規約は、本サービスにおける掲示、電子メールによる通知その他当社が適当と認める方法で、当社がユーザーに対して当該変更等の通知を行った時点より効力を発するものとします。ユーザーは、この通知を覚知するため、常に本サービスにおける掲示及び当社からの電子メールを確認するものとします。なお、変更等が行われた後において、ユーザーが本サービスを利用することによって、変更等後の本規約の内容を承諾したものとみなします。
  4. 当社は、本規約の内容が変更されたことによってユーザー又は第三者に生じる結果及び損害について、損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。

第2章 本サービスの内容等

第3条(本サービスの内容)

  1. 本サービスにおいて提供するアプリケーションソフトウェア(以下、「アプリ等」といいます。)には、(i)当社が開発しオーナーに提供するウェブアプリケーション(以下、「当社アプリ」といいます。)と(ii)公認デベロッパーによって開発されたウェブアプリケーション(以下、「公認デベロッパーアプリ」といいます。)があります。
  2. 当社は、ユーザーに事前に通知することなく、本サービス及びアプリ等の内容の全部又は一部の変更(機能の変更を含みます。)を行うことができるものとします(公認デベロッパーアプリについては、内容の全部又は一部の変更の指示となります。公認デベロッパーは、当社の指示に従うものとします。)。但し、カラーミーショップに関するWebAPIの仕様に変更が生じた場合は、変更を緊急で行う場合を除き本サービスサイト又は電子メールの送信その他の当社が適当と認める方法により通知するものとします。この場合、当社は、変更によりユーザーに生じた損失、損害、結果について一切責任を負いません。
  3. 本サービスにおけるアプリ等の提供は、本サービスを利用して当該アプリ等の提供を適正に受けたオーナーに対し、カラーミーショップを利用する目的においてのみ、カラーミーショップの利用期間中において、当該アプリ等の利用を許諾するものです。オーナーはいかなる場合においても、アプリ等の利用及び権利についていかなる再許諾の権限も有しないものとします。
  4. オーナーが、当社アプリを利用した場合においての利用に関する契約は、本規約に基づき、オーナーと当社の間で成立するものとします。
  5. 当社は、当社アプリの利用(ダウンロード、インストール、アプリ等の機能、権利を含みます。)により発生したオーナーの損害(第三者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます。)及び当社アプリを利用できなかったことにより発生したオーナーの損害に関し、一切責任を負いません。
  6. オーナーが、公認デベロッパーアプリを利用した場合においての利用に関する契約は、オーナーと公認デベロッパーの間で成立するものとし、オーナーは、公認デベロッパーアプリの提供主体が当社ではないことを認識の上、公認デベロッパーの定める利用条件を遵守するものとします。
  7. 当社は、公認デベロッパーアプリの利用(ダウンロード、インストール、アプリ等の機能、権利を含みます。)により発生したオーナーの損害(第三者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます。)及び公認デベロッパーアプリを利用できなかったことにより発生した損害に関し、一切責任を負いません。

第3章 オーナーの利用申込み等

第4条(利用申込)

  1. オーナーが本サービスを利用するには、別途当社が定める「カラーミーショップ利用規約」(URL: https://shop-pro.jp/?mode=terms )(以下、「基本サービスの利用規約」といいます。)に同意の上、カラーミーショップの利用者となる必要があり、本規約に定めのない事項は、全て基本サービスの利用規約の定めが適用されるものとし、本規約に基本サービスの利用規約と矛盾する事項があるときは、本規約が優先して適用されるものとします。
  2. 本サービスにおいては、オーナーが自己の責任により、アプリ等の機能、内容等を確認の上で、アプリ等をインストールし、利用するものとします。
  3. オーナーは、本サービスにおいてダウンロード開始ボタンをクリックする等の当社の定める方法によりアプリ等のインストールを開始する旨の操作又は意思表示をした時に、本規約の諸規定に従った本サービスの利用契約がオーナーと当社又は公認デベロッパーの間に成立し、オーナーは、本サービスを当社の定める方法で利用することができるようになります。
  4. 当社は、次の各号の場合には、本サービスの利用の申込を承諾せず、又は承諾を取り消すことができるものとします。
  • (1)オーナーが、第20条第1項各号のいずれかに該当し、又は該当したことのある場合
  • (2)オーナーが、過去に、当社が運営するサービスの利用の停止等の処分を受けている場合
  • (3)暴力団、反政府組織、その他反社会的組織であるか、若しくはそれらの構成員・関係者となったとき、又はこれらの者と何らかの関係があることが明らかとなったとき
  • (4)本条第6項に基づく資料の提出がない場合
  • (5)その他当社が利用を不適切と判断した場合
  1. 前項にかかわらず当社が本サービスの提供をした場合であっても、オーナーは本規約に基づくいかなる義務も免れないものとします。
  2. 当社は、オーナーに対し、申込みに関する確認等のため必要な資料の提出を求める場合があります。オーナーは、当社から資料の提出を求められた場合には、速やかに指定された資料を提出するものとします。

第5条(オーナーの義務)

  1. オーナーは、本規約に同意し当社アプリをインストールすることで、カラーミーショップアカウントに関連する情報及び技術データ(ユーザー又はオーナーがカラーミーショップを利用して運営するオンラインショップの利用者に関する情報(当社が別途定める「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」に定義されている個人情報を含むことがある))の取得を当社に許可するものとします。なお、当社が取得する個人情報については、当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)が適用されます。
  2. オーナーは、本規約に同意し公認デベロッパーアプリをインストールすることにより、公認デベロッパーがカラーミーショップアカウントに関連する情報、オーナーまたはオーナーがカラーミーショップを利用して運営するオンラインショップの利用者の個人情報等にアクセスすること及び情報を保持することに同意するものとします。また、オーナーは、公認デベロッパーが公認デベロッパーの定めるプライバシーポリシーにしたがって当該情報を取り扱うことについて同意します。
  3. オーナーは、前各項の同意の確認のため、アプリ等のインストール時に、カラーミーショップアプリストア上で提供される同意画面を通じて、オーナーが保有する情報への当社及び公認デベロッパーによるアクセスを許可する必要があります。
  4. オーナーは、当社及び公認デベロッパーに対し、オーナーがカラーミーショップを利用して運営するオンラインショップの利用者のデータを使用する権利を与えるものとします。アプリ等の利用は、この権利の付与に同意することを前提とします。
  5. オーナーは、オーナーがカラーミーショップを利用して運営するオンラインショップの利用者に、あらかじめ第三者にデータの収集、使用、保管および送信されることを同意させるものとします。
  6. オーナーは、当社又は公認デベロッパーがアプリ等の登録の削除を行った場合は、契約期間中であっても当社又は公認デベロッパーのアプリ等の利用ができなくなることに予め同意するものとします。
  7. 当社は、本規約に基づき公認デベロッパーに提供された情報について、いかなる責任も負いません。オーナーは、公認デベロッパーアプリをインストールする前に、自ら、公認デベロッパーのプライバシーポリシーを確認し、疑義のある場合には公認デベロッパーに直接お問い合わせをいただいた上で本アプリを利用するものとします。

第6条(利用料金)

  1. 当社及び公認デベロッパーは、アプリ等の利用を認める対価としてライセンス料(以下、「ライセンス料」といいます。)を設定しています。また、ライセンス料は、アプリ等によって、スポット課金、初期費用、月額費用(固定金額)、従量課金などの区分があり、これらが単独又は組合せにより請求されます。詳細は、アプリ等のダウンロード時に、アプリ等毎にご確認ください。
  2. ライセンス料が月額にて発生する場合のアプリ等の利用契約の期間は、1カ月間とします。ただし、契約が成立した日の属する月において、契約日が月の途中の場合は、当該契約成立日の属する翌月の末日までを契約期間とします。アプリ等の利用者が、当社の定める方式により解約の通知をしない限り、利用契約の期間はその後もさらに1カ月毎に更新されるものとします。
  3. 当社アプリのライセンス料は、当社が決定します。公認デベロッパーアプリのライセンス料は、公認デベロッパーの自由な意思によって設定されるものとし、当社はライセンス料の設定に関与しません。
  4. 当社及び公認デベロッパーは、いつでもライセンス料を変更できます。なお、月額にて発生するライセンス料が変更された場合は、変更された日の属する月の翌月に発生するライセンス料から変更後のライセンス料が適用されるものとします。その他のライセンス料の変更の適用時期については、都度指定されるものとします。

第7条(支払い)

  1. オーナーは、ライセンス料がインストール時に発生する場合は、インストール時に支払うものとします。
  2. オーナーは、ライセンス料が月額にて発生する場合、当月分を毎月1日に支払うものとします。なお、利用契約の期間中に解除した場合であっても、利用料金の日割精算等による返金は行わないものとします。また、契約日が月の途中の場合は契約が成立した日の属する月の支払いは、利用契約開始日から利用契約開始月の末日までの日数を乗じた金額と翌月のライセンス料をインストール時に支払うものとします。この場 合において、契約日が属する月中に利用契約が解除されたときは、オーナーは、翌月1日に、解約日までの日割りライセンス料を支払うものとします。
  3. 前各項に定める以外のライセンス料の支払方法については、オーナーは、別途指定される方法により支払うものとします。
  4. 金融機関に支払う振込み手数料その他の支払費用は、オーナーの負担とします。
  5. オーナーが当社の指定する支払い方法以外で入金した等、オーナーの過失を要因として当社がオーナーの入金した事実を確認できない場合、オーナーまたは他の第三者が被った損害について当社は一切の責任を負わないものとします。

第8条(オーナーによる解約)

  1. オーナーは、別途当社が定める手続きに従い、いつでもアプリ等の利用契約の解約を申し入れることができます。
  2. 前項に基づき解約の申し入れがなされた後、当社又は公認デベロッパーが指定する解約日以降、当社又は公認デベロッパーはユーザーデータをすみやかに削除するものとし、解約後のユーザーデータの保存又は復元は全てオーナーの責任において行うものとします。

第4章 公認デベロッパーの利用申込み等

第9条(登録)

  1. 公認デベロッパーが本サービスを利用するには、別途当社が定める「カラーミーショップAPI利用規約」(URL: https://api.shop-pro.jp/developers/tos )(以下、「API利用規約」に同意の上、当該規約に基づきデベロッパーとなる必要があります。本規約にAPI利用規約と矛盾する事項があるときは、本規約が優先して適用されるものとします。
  2. 公認デベロッパーは、前項に加え、当社が定める方法により、公認デベロッパー申請を行うものとします。
  3. 当社は、前項の申請に基づき審査を行うものとします。審査は、当社の裁量によって行うものとし、当社は、いかなる場合も審査基準、方法その他の内容について開示する義務を負いません。また、審査にあたり、当社は、公認デベロッパーに対し審査に必要な資料等の提出を求めることができるものとします。
  4. 当社は、前項に基づく審査の結果、公認デベロッパーの利用申込みを承諾するときは、公認デベロッパーに対しその旨(以下、「承諾通知」といいます。)を、電子メールの送信その他の当社が適当と認める方法により通知するものとし、当該通知が公認デベロッパーに到達した日(以下、「契約成立日」といいます。)をもって、本サービスの利用契約が、当社と公認デベロッパーの間に成立するものとします。
  5. 公認デベロッパーは、前項に基づく承諾通知を受けた場合に当社が定める方法により公認デベロッパーアプリの登録(以下、「公認デベロッパーアプリ登録」といいます。)を行うことができるものとします。
  6. 公認デベロッパーは、前項に基づく公認デベロッパーアプリ登録の完了後、本サービス上で公認デベロッパーアプリの公開の申請を行うことができるものとします。
  7. 当社は、前項の申請に基づき公認デベロッパーアプリの審査を行うものとします。当該審査は、当社の裁量によって行うものとし、当社は、いかなる場合も審査基準、方法その他の内容について開示する義務を負いません。また、審査にあたり、当社は、公認デベロッパーに対し審査に必要な資料等の提出を求めることができるものとします。
  8. 当社は、前項に基づく審査の結果、公認デベロッパーの申請を承諾するときは、公認デベロッパーに対しその旨を、電子メールの送信その他の当社が適当と認める方法により通知するものとします。
  9. 公認デベロッパーは前項の通知を受領した場合は、公認デベロッパーアプリの公開を行うことができるものとします。
  10. 当社は、次の各号の場合には、本サービスの利用の申込を承諾せず、又は承諾を取り消すことができるものとします。
  • (1)公認デベロッパーが、第20条第1項各号のいずれかに該当し、又は該当したことのある場合
  • (2)公認デベロッパーが過去に当社が運営するサービスの利用の停止等の処分を受けている場合
  • (3)暴力団、反政府組織、その他反社会的組織であるか、若しくはそれらの構成員・関係者となったとき、又はこれらの者と何らかの関係があることが明らかとなったとき
  • (4)本条第3項に基づく資料の提出がない場合
  • (5)その他当社が利用を不適切と判断した場合
  1. 前項にもかかわらず当社が本サービスの提供をした場合であっても、公認デベロッパーは本規約に基づくいかなる義務も免れないものとします。

第10条(禁止事項)

公認デベロッパーは本サービスを利用するにあたり、下記に該当又はその恐れがある行為をすることはできません。

  • (1)本サービス上であるか否かを問わず、他の本サービスの利用者、第三者又は当社の知的財産権(著作権、意匠権、特許権、実用新案権、商標権、工業所有権等)及びその他の権利を侵害する行為、また侵害する恐れのある行為(コピープロテクト等を権限なく解除したデジタルコンテンツの販売を含む。)
  • (2)本サービス上であるか否かを問わず、他の本サービスの利用者、第三者又は当社の財産、信用、プライバシーを侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為
  • (3)本サービス上であるか否かを問わず、他の本サービスの利用者、第三者又は当社に不利益を与える行為、又はその恐れのある行為
  • (4)本サービス上であるか否かを問わず、他の本サービスの利用者、当社がコミュニティ運営を委託した者、第三者又は当社を誹謗中傷する行為、又は不快感を抱かせる行為
  • (5)他の本サービス利用者又は第三者の個人情報を売買又は譲受にあたる行為、又はそれらの恐れのある行為
  • (6)公序良俗に反する行為その恐れのある行為、又はそれを助長する行為
  • (7)公序良俗に反する情報を他の本サービス利用者、若しくは第三者に提供する行為
  • (8)未成年者にとって有害と認められる情報の売買、譲受又は掲載する行為、それらを助長する行為
  • (9)法令に違反する行為や犯罪的行為、若しくはその恐れのある行為、あるいはそれを幇助する行為
  • (10)本サービス及びその他当社が提供するサービスの運営を妨げる行為、又は当社の信用・名誉等を毀損する行為
  • (11)コンピューターウィルス等有害なプログラムを、本サービスを通じて又は本サービスに関連して使用、又は提供する行為
  • (12)他人になりすまして情報を送信、受信又は表示する行為
  • (13)当社のE-メールサービスを利用して無差別又は大量に不特定多数の者に対してその意思に反しE-メール等を送信する行為、又は事前に承認していない多数の送信先に対するE-メール情報配信行為
  • (14)IPアドレス、アカウント、ID、パスワード、E-メールアドレス、及びドメイン名を不正に使用する行為
  • (15)本サービスを当社の許可なく第三者に利用させる行為
  • (16)インターネット上で、他の本サービス利用者、第三者若しくは当社が入力した情報を不正に改ざんする行為
  • (17)サーバその他当社のコンピュータに不正にアクセスする行為
  • (18)本サービスにおいて、事実に反する、又はその恐れのある情報を提供する行為
  • (19)日本通信販売協会が定める広告に関する自主基準に違反する行為
  • (20)公職選挙法に違反する行為
  • (21)当社と同種、又は類似の業務を行う行為
  • (22)暴力団等の反社会的勢力と関連すること、また名目を問わず資金提供その他の取引を行う行為、又はそれらに該当すると当社が判断する行為
  • (23)当社所定の手続きによらずに、自己又はオーナーその他第三者のクレジットカード、デビットカード又はキャッシュカードに関する情報(利用者名、有効期限及びセキュリティコード等の一切の情報を含みます。)を入力し、又は入力させ、保持すること
  • (24)その他、当社が不適切と判断する行為

第11条(公認デベロッパーによる保証)

公認デベロッパーは、公認デベロッパーアプリを登録する場合、公認デベロッパーアプリの登録時において、以下の事項につき保証するものとします。

  • (1)公認デベロッパーアプリのライセンス料(インストール、利用その他公認デベロッパーアプリに関する一切の対価をいう。)を本サービスにおいて当社が指定する方法以外の方法で支払いを受けないこと。
  • (2)本規約に違反しておらず、またそのおそれもないこと。

第12条(問合せ対応)

  1. 公認デベロッパーは、公認デベロッパーアプリ、そのコンテンツ等に関連してオーナーや第三者により問い合わせ、クレーム、トラブル、請求、紛争等(以下、「クレーム等」といいます。)が発生した場合には、自己の責任と費用においてクレーム等を解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。この場合、公認デベロッパーは、直接オーナー又は第三者と連絡を取り、その解決を図るものとし、かつ、当社に一切の責任を負わせないものとします。
  2. 前項にもかかわらず、当社は、公認デベロッパーがオーナー又は第三者と直接連絡を取らない場合、又は、公認デベロッパーアプリに関しオーナー又は第三者からクレーム等を受けた場合、当社の判断で、オーナー、第三者又は公認デベロッパーに対して連絡をとることができるものとします。当社がクレーム等への対応について費用を支出した場合において、その責任が公認デベロッパーにあるときには、当社は、公認デベロッパーに対し、その費用を請求することができるものとします。

第13条(公認デベロッパーアプリにかかる責任等)

  1. 公認デベロッパーアプリの瑕疵、提供の停止・中断に関する責任は、全て公認デベロッパーが負うものとし、公認デベロッパーは予めこれを承諾するものとします。
  2. 公認デベロッパーは、オーナーによる公認デベロッパーアプリについての利用規約を定めるものとします。ただし、本規約に矛盾抵触する規定を定めてはならないものとします。

第14条(危険負担)

公認デベロッパーは、公認デベロッパー、当社又はオーナーのいずれの責めにも帰さない事由により、オーナーが公認デベロッパーアプリをインストールする前に、公認デベロッパーアプリが消滅又は毀損した場合、当該公認デベロッパーアプリの消滅又は毀損にかかる一切の危険を負担するものとします。

第15条(オーナーの情報の取扱)

  1. 公認デベロッパーは、本サービスを通じて知り得たオーナーの情報又はオーナーがカ
    ラーミーショップを利用して運営するオンラインショップの利用者の情報等(個人情報を含むがこれに限られません。以下、併せて「オーナー個人情報等」といいます。)を厳重に管理し、第三者に開示又は漏洩してはならないものとします。
  2. 公認デベロッパーは、本サービスを通じて知り得たオーナー個人情報等を、当社又はオーナーから明示的に同意を得た目的以外の目的で利用してはならないものとします。
  3. 公認デベロッパーは、当社が求めたときは、直ちに公認デベロッパーの取り扱っているオーナーの個人情報の取得状況、管理状況等について当社に報告するものとします。
  4. 公認デベロッパーは、本条に違反する事態が生じ、又は生じるおそれがあると知ったときは、直ちにその旨を当社に報告するとともに、それに対する当社の指示に従うものとします。
  5. 公認デベロッパーは、万一オーナー個人情報等について、漏洩・窃取その他の事故が発生し、又は発生するおそれがあることが判明した場合には、直ちにその内容をオーナーに通知するものとし、かかる事故に起因し又は関連して購入者及び第三者から異議、苦情の申立又は実費若しくは対価の請求、損害賠償請求等があった場合には、弁護士費用等を含めて公認デベロッパーの費用と責任においてこれを処理するものとします。
  6. 公認デベロッパーは、本サービスから公認デベロッパーアプリの登録を解除したときは、本サービスを通じて知り得たオーナー個人情報等(その複製物を含む。)を直ちに記録媒体等から消去しなければならないものとします。

第16条(手数料)

  1. 公認デベロッパーは、本サービスの利用の対価として、当社に対し、ライセンス料(消費税込)に応じてサービス利用料(以下、「サービス利用料」といいます。)を支払うものとします。サービス利用料の金額は別途当社が本サービスサイト上において定めます。
  2. 当社は、オーナーからライセンス料を受領した場合、当該ライセンス料からサービス利用料を差し引いた金額(当該金額に1円未満の端数があるときはその端数を切り捨てるものとします。以下、「振込金額」といいます。)を、締切日の属する月の翌月末日(末日が祝日の場合は当該末日の前営業日とします。)までに、当該公認デベロッパーアプリの公認デベロッパーの指定する銀行口座に振込送金する方法で支払うものとします。ただし、振込金額が3,000円に満たない場合、同額に達するまで、支払は翌月に持ち越されるものとします。なお、振込手数料は公認デベロッパーの負担とします。
  3. 当社は、公認デベロッパーが前項の銀行口座を指定しない場合には、何らの責任を負うことなく、当該公認デベロッパーに対し振込金額の支払を留保することができるものとします。この場合において、当該公認デベロッパーが本サービスサイト上で振込可能な銀行口座を指定したときは、当社は、当該指定が行われた日の属する月の翌月の末日までに振込金額を支払うものとします。
  4. 公認デベロッパーが理由の如何を問わず公認デベロッパー登録を抹消若しくは抹消され、本サービスの利用契約を解約又は解除された場合において、当社が当該公認デベロッパーに対し、本規約に基づき支払を留保することのできる振込金額があるときは、当該公認デベロッパーは当社に対する振込金額の請求権を失うものとし、公認デベロッパーは予めこれに同意するものとします。
  5. 本条第2項にもかからず、以下のいずれかに該当する場合又はそのおそれがある場合には、当社は、振込金額を振り込まないものとし、公認デベロッパーは予めこれを承諾するものとします。
  • (1)オーナーからの問合せ、クレーム、トラブル、請求、紛争等(以下、「クレーム等」といいます。)があった場合
  • (2)オーナーからライセンス料の支払がない場合
  • (3)公認デベロッパーアプリの利用契約が取り消され又は解除された場合
  • (4)その他当社が適切でないと判断した場合

第17条(公認デベロッパーによる解約)

  1. 公認デベロッパーは、別途当社が定める方法により、いつでも本サービスの利用契約を解約することができるものとします。
  2. 公認デベロッパーが、公認デベロッパーアプリ登録期間中、公認デベロッパーの資格を喪失した場合には、その理由を問わず当然に公認デベロッパーアプリ登録をも喪失するものとします。

第5章 利用上の責務

第18条(利用環境の整備)

  1. ユーザーは、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、通信回線等のすべてを自己の責任と費用をもって準備し、本サービスを利用するために必要となる全ての環境の整備及び維持管理を行うものとします。
  2. 当社は、ユーザーの使用する本サービスの利用に供する装置、ソフトウェア又は通信網の瑕疵、障害、動作不良、若しくは不具合により、ユーザーに損害が生じたときであってもその一切の責任を負わないものとします。

第19条(自己責任の原則)

  1. ユーザーは、ユーザーデータの中に自己又は第三者の個人情報等が含まれる場合には、自らの責任においてこれを管理・使用するものとします。本サービスを利用して、ユーザーの間でなされる情報の授受、及びそれに付随して行われる行為及び損害について当社は一切責任を負わないものとします。
  2. ユーザーは、自己の責任において、ユーザーデータのバックアップ等保存を行うものとし、当社は、本サービスの提供の中止、中断、又は解約後のユーザーデータの毀滅に関して一切その責任を負わないものとします。

第20条(利用の制限)

  1. ユーザーが、以下の各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあるときは、当社は、事前に通知、催告することなく、直ちに、当該ユーザーに対する本サービスの全部又は一部の提供を停止し、利用契約を解除することができるものとします。
  • (1)本規約のいずれかの条項に違反し、又は当社の本規約に基づく指示に従わないとき
  • (2)ユーザーが以下に該当する行為を行ったとき
    • ①当社又は当社の従業員等に対する暴力的な要求行為
    • ②当社又は当社の従業員等に対する法的な責任を超えた不当な要求行為
    • ③取引に関して、当社又は当社の従業員等に対する脅迫的な言動を行い、又は暴力を用いる行為
    • ④風説の流布、偽計若しくは威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
    • ⑤前各項目に準じる行為
  • (3)アプリ等を利用したオーナーが、ライセンス料等を支払わないとき
  • (4)差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立てがあったとき、租税公課を滞納し督促を受けたとき、又は第16条第1項に基づき当社が公認デベロッパーに支払う振込金額等の金銭について、当社に対して差押え又は当該差押えを理由として第三者から支払い等の請求がなされたとき
  • (5)支払停止若しくは支払不能の状態に陥ったとき、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これに準じる手続きの申立てがなされ、若しくは自らかかる申立てを行ったとき
  • (6)ユーザーが、当社の運営するいずれかのサービスの利用規約に違反し、過去に当該サービスの利用の停止、契約の解除等の処分を受けたことがある場合
  • (7)その他本サービスを提供することが不適当であると当社が判断したとき
  1. 当社は、本条に基づき、本サービスの提供を停止、利用契約の解除その他第1項に定める措置を実施したことによりユーザー又は第三者に生じる損害・結果について、何ら責任を負わないものとします。
  2. 本条による本サービスの提供の停止、解除は、当社のユーザーに対する損害賠償請求を何ら妨げないものとします。

第6章 保証

第21条(保証)

  1. 当社は、アプリ等の機能がユーザーの要件を満たしていること、本サービスの操作が中断されないこと、又はエラーがないこと、又はそれらが欠陥でないことを保証するものでないことをユーザーは予め理解し、承諾するものとします。
  2. 当社は、本サービス又はアプリ等が、紛失、攻撃、ウィルス、干渉、ハッキングその他のセキュリティ侵害がないことを表明又は保証しません。また、当社は何ら責任を負わないものとします。
  3. アプリ等を通じて利用できる公認デベロッパーのコンテンツやサービスについて、当社は一切の責任を負わないものとします。

第7章 本サービス・当社アプリの中断・廃止等

第22条(サービスの中断)

  1. 当社は、安定した運営に最善を尽くすものとしますが、以下の各号のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく一時的に本サービスの全部又は一部を中断することができるものとします。当社アプリについても同様とします。
  • (1)サーバ、通信回線若しくはその他の設備の故障、障害の発生又はその他の事由により本サービスの提供ができなくなった場合
  • (2)システム(サーバ、通信回線や電源、それらを収容する建築物などを含む)の保守、点検、修理、変更を定期的に又は緊急に行う場合
  • (3)火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなった場合
  • (4)地震、噴火、洪水、津波などの天災により本サービスの提供ができなくなった場合
  • (5)戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議、疫病の蔓延等その他不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合
  • (6)法令による規制、司法命令等の適用により本サービスの提供ができなくなった場合
  • (7)その他、運用上、技術上当社が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合
  1. 当社は、いつでも任意の理由により、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部又は一部を廃止することができるものとします。当社アプリについても同様とします。
  2. 当社は、本サービスの一時中断、及び廃止によりユーザーに生じた損害について、一切その責任を負わないものとします。当社アプリについても同様とします。

第23条(アクセス制限)

  1. 当社は、ユーザーに事前に通知することなく、アプリ等、本サービス、APIへのアクセスを制限することができるものとし、それによりアプリ等の変更が必要になる場合があります。
  2. 当社は、前項の措置を実施したことによりユーザー又は第三者に生じる損害・結果について、何ら責任を負わないものとします。

第8章 損害賠償等

第24条(損害賠償)

  1. 当社は、本サービスの利用に関して、当社の責めに帰すべき事由によってユーザーに損害が発生した場合には、当社の故意又は重過失による場合を除き、ユーザーに現実に発生した直接かつ通常の損害を賠償するものとします。但し、公認デベロッパーに対する損害の賠償は、当該損害が発生した月に、当社が当該公認デベロッパーから受領したライセンス手数料を合計した額を上限とし、当社はこれを超える損害賠償の責任を負わないものとします。なお、当社はオーナーに対し、当該損害に関してライセンス手数料の返金をした場合には、返金額に相当する範囲において損害を賠償する義務を免れるものとします。
  2. ユーザーが、本規約に定める事項に違反したことにより、当社が損害を被った場合には、当社が当該ユーザーとの利用契約を解除したか否かに関わらず、当該ユーザーは当社に対して当該損害を賠償する責任を負うものとします。なお、当社が、ユーザーと第三者との紛争、その他ユーザーの責に帰すべき事由に起因して費用(弁護士費用、証人費用、証拠収集費用及びその他の訴訟遂行上の合理的費用を含む)を負担することとなる場合、当社は、その費用を、現実に負担が生じる前であっても、損害の一部としてユーザーに請求することができるものとします。
  3. 前項の規定は、法人又はその他の団体が当該法人又はその他の団体に所属する個人をユーザーとして登録した場合において、当該個人が本規約に定める事項に違反したことにより当社が損害を被った場合には、その時点で当該個人が法人又はその他の団体に所属しているか否かに関わらず、当該法人又は当該団体が当該損害を賠償する責任を負うものとします。

第9章 雑 則

第25条(利用権譲渡等の禁止)

ユーザーは、当社の承諾なしに、本サービスのユーザーとしての地位並びに権利及び義務を第三者に譲渡又は貸与等の処分をできないものとします。当社アプリの利用に関する地位並びに権利及び義務についても同様とします。

第26条(ユーザーデータの利用)

ユーザーは、当社に対し、本サービスの運営、宣伝告知等のため、本サービスに関するウェブサイト上で利用する目的(以下「本目的」といいます。)に限り、ユーザーがカラーミーショップを利用して運営するウェブ上のテキスト、画像、動画等(以下「ユーザーデータ」という。)の全部又は一部を複製・公衆送信等利用すること、並びに本目的のための利用に必要な範囲において、ユーザーデータのリサイズ等の加工、改変等が行われることをあらかじめ無償で許諾するものとし、この場合において、ユーザーは、当社に対して、著作者人格権を行使しないものとします。

第27条(準拠法)

本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本国法が適用されるものとします。

第28条(解釈および管轄裁判所)

  1. 本規約の解釈を巡って疑義が生じた場合、当社は合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。
  2. 当社とユーザーとの間におけるすべての紛争については、訴額に応じて東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とすることを予め合意します。

附則
本規約は2018年7月3日から施行します。
2019年5月9日 改定